飛行機で隣になったママさん

飛行機で隣になったママさん

以前沖縄旅行に出かけたとき、羽田空港から乗った飛行機の隣に座ったのがとんでもないモンスターママでした。

離陸前から小学校に入ったかどうか位の年頃の坊やがスマホのゲームで大人しく遊んでいました。

大人しくていい子だな、と気にもとめなかったのですが、離陸準備に入った辺りから状況が変わりました。

若い女性の客室乗務員の方が今からはスマホを使用しないでください、と注意したところ母親が何故か激怒しだし、何の権限があってそんなことを言うのか、と騒ぎだしたのです。

同じやりとりを何度も繰り返し、このまま飛行機は遅延するのかな、と思った私はちょっと今だけやめればいいじゃないんですかね、と柔らかく世間話風に言いました。

いや、納得できない、と母親の興奮は収まらず、しばらくして女性客室乗務員が奥に消えたかと思うと、

客室乗務員の中でも年配の男性の方が出てきて同じことを母親に説明したところ、すんなりと引き下がりました。

対処法or解決策

若い女性客室乗務員に歯向かっていた母親も、年配男性乗務員の言うことは素直に聞いたので、こういうときのために強面の乗務員がいるといいなと思いました。

客室乗務員といえば花形職業ですが、色々なお客様がいて大変だなぁと思わず同情してしまいます。

こんなくだらないことで飛行機が遅延したら本当に時間がもったいなく、あの母親は自分の意地のために他人の時間を無駄に消費していることがわからず、

同じようなことは特に仕事の場面なんかではありがちなので、気を付けようと我が身を振り返りました。

そして、周辺でトラブっているときに、急を要さない場合はむやみに首を突っ込まず、
プロに任せておいた方が早く事が収束するのではないかと思いました。

スポンサーリンク