隣人のおじいさんの理屈

隣人のおじいさんの理屈

私は妻とアパートに住んでいるのですが、隣人に住んでいるおじいさんとトラブルになりました。

おじいさんは、一人で住んでいるのですが、ゴールデンウイークや夏休み、正月など、長い休みになると決まって、娘とその孫が遊びに来ます。

その孫はまだ小学1年生と幼稚園くらいの歳なのですが、これが、とんでもないくらい音を立てるのです。

最初はドタドタと走り回っている音だけだったので、それ位はまあ仕方ないかなと妻とも話、我慢することにしました。

しかし、二日目に入り、私の部屋との境界の壁をドンドンと叩くことが始まりました。

それも、一回が5分近く叩いているのです。
それが、朝昼晩関係なく続きました。

私は、流石に、まともにテレビを見ていることさえできない事に、苛立ちを覚え、妻にちょっと軽く注意だけしてくると言い、隣のおじいさんのところに行きました。

おじいさんは何でしょう?と言った感じでしたので、「お孫さんが来られていて、こんなことを言うのは本当に言いづらく申し訳ないのですが、少しだけ静かにして頂きますでしょうか?」とかなり丁重にお願いをしました。

するとおじいさんは「子供がやっている事に、何を言ってくるんだ!子供はそういうもんだろ!」と訳の分からないことを喧嘩腰で興奮して怒鳴られました。

私は、これ以上言うと、大問題になると思い、諦めようと大人しく家に戻り、これは無理だと妻に伝えると、今度はその理由に妻が怒り「向こうがうるさくてすみませんねって挨拶してきた時に、こっちが言うセリフを何で、おじいさんが言ってんの!?」と、おじいさんに再度、言いに行きました。

すると、おじいさんは、先ほどの私の対応とは全く違い、素直に「申し訳ないことしたね〜」と言われたそうで、私は全く理解できませんでした。

その後はトラブルになることもなく、大人しくして貰っています。

 対処法or解決策

この場合で思ったのは、おじいさんはいくら丁重に言われようとも自分より若い男に注意されることに腹を立てると言うことだと思います。

奥さんや彼女がいる場合は、男性が行くよりも、ずっと丸く収まることが多いと思いました。

スポンサーリンク