近所の人々による嫌がらせ攻撃

近所の人々による嫌がらせ攻撃

以前に住んでいた住宅地でのトラブルです。ある日から近所の小・中学生に目を付けられるようになりました。

最初は路上で遊びついでに大きな声で騒ぐと言った感じでしたが、やがて家の前で爆笑を聞かせてきたり、合唱をしたり、叫んだり、挙句にゴミを捨てていくなどエスカレートし始めました。

最初はうちの騒音があったから、悪臭があったのが原因と考えて、子供のことだから仕方ない、自分が悪いといった感じで諦めていました。

しかしどうもこの執拗に続く感じは、あまりに異常だということがわかってきました。

近所に住んでいる小・中学生のかなりの人数が参加していたからです。普段近所付き合いがある家の中学生の娘までも、時には彼らの親まで通りすがりに奇声を出す始末です。

人が大勢暮らしている中でも、全員がまるでコピーロボットのように、堂々と同じような嫌がらせ行動を取っているのです。

どうも組織的に近所中が示しを合わせてストーカーをやってるとしか思えませんでした。

対処法or解決策

対処法としてはまず学校に連絡して、うるさい子供がいると伝えました。するとある程度は効果があって、静かな日常が取り戻されることもありました。

しかし時には連絡した翌日に、子供数人が家の前で大声で大騒ぎしはじめました。

どうもしゃべっている内容を聞くと、「ふざけんなよ」とか、「チクるんじゃねーよ」などと、学校に伝えられて大声でキレているようなのです。明らかに私に対して言っていました。

連日のように家の前で騒がれてストレスになる一方で、やがて頻繁に警察に通報することになりましたが、子供は通報されても騒ぎ続けていました。

そんな状況を見て、近所の子供の親たちは「また騒いでたわよフフフ」なんて笑って噂していましたが、近隣の大人たち自身もこの大騒ぎに関係しているくせにと、世間の陰謀の存在を実感するのでした。

長年そうした経験をしましたが、対処方として効果がある方法としては、警察に通報することは、しないよりはマシという程度でした。

子供が警察や近所の大人をナメて見ていることも、この経験でよくわかりました。

スポンサーリンク