謎に包まれた置き引き被害

謎に包まれた置き引き被害

かなり前のことなのですが、置き引きにあいました。高校帰りのことでした。

カバンを置き引きされたのです。ただ財布の方に被害はありませんでした。

要は、学校帰りにショッピングセンターでちょっと買い物しようと友人と自転車を止めて、二人とも教科書の入った重たい鞄を持つのが面倒くさいし、どうせ盗まれないよとそのままにして、財布だけを持って店に入っていったという訳です。

その間20分か30分。ところが出てきてびっくり。自分の鞄だけがなくなっています。そして自宅に戻ると母親がカンカンなのです。

なんでも、中学の同級生の自宅前にそのかばんが落ちていて、同級生のお母さんから緊急連絡があったばかりだそう。

すぐ鞄を引き取りに行きとにかくまずお騒がせしたことを平謝りします。聞くと同級生は帰宅してはいない。

かなり離れた高校に行っている人ですからその人が持って行ったんではもちろんない。ということは、自分とその同級生の関係性を知っている程度の、つまりすごく近しい人間の誰かが、隙を見て鞄を持ち去ってから、わざわざ同級生宅前に放置したのだということになってしまいます。

同級生のお母さんと二人で奇妙な事件に頭をひねるばかり。20分程度でそれだけできるということはきっと容疑者はお互い知っている人間のはずだからです。

でもどうしても浮かばずにそのままになりました。

対処法or解決策

無くなったものはなかったのでおそらくは財布目当てだったのでしょうが、とにかく少しも隙を作ってはいけないんだと学んだことは大きいものでした。

以来、所持品にはひどく気を付けるようになりました。誰がどんな形で狙うか、わかったものではありませんから。

それにしても誰だかわからない犯人は、その場に鞄を放置せず、またそのあたりに捨ててしまいもせず、なんでわざわざ同級生の家の前まではるばる持っていったんでしょうか。

いまだに解けない謎に首をひねるばかりです。

スポンサーリンク