恐怖のストーカー男

恐怖のストーカー男

ある日自分のスマートフォンが壊れてしまったので、最寄りの携帯ショップに行って携帯を購入しました。

その時に話した店員さんが妙にプライベートの事を聞いてくる男性でした。
しかし私もあまり気にせず、その携帯ショップの近くの飲食店で働いていることを言ってしまいました。

その日はそれで終わったのですが、なんと自分が飲食店に出勤すると、オープニング時間ちょっきりにその携帯ショップ店員が入ってきたのです。

しかも飲み物だけ頼んで、3時間ほど働いている私を席からじ~っと見つめているのです。
気持ち悪くなり、ほかの店員も異変に気付き私を早めに退勤させてくれました。

しかしそれが見つかり、帰り道ずっとついてこられました。家の前で「話した時から好きになった、付き合ってほしい」と言われたのです。

あまりの気持ち悪さに、血の気が引き、すぐに家に駆けこみました。

対処法or解決策

対処法としては、実家だったのでまずすぐに母親に相談しました。
やはりこのような悩みは絶対に家族に伝えたほうが良いです。

自分が気づかぬうちにつけられている可能性もあるので、自分以外にも家の外を見てくれる人がいるのはとても大きいです。

そして母に相談した時には男は家の前から立ち去っていたので、すぐに警察を呼びました。

警察の方はとても真摯に対応してくださって、そのときはまだ1回目のストーキングで、彼の職場もわかっていたのもあり、今後の動向を観察していく方向になりました。

その後アルバイト先にも男が来たときは絶対に私をホールに出さないようにしてもらいました。

何度か男は姿を見せましたが、周りが守ってくれたので諦めたのか、今はもう姿を見せることはありません。

こういったストーカー被害は、周りに相談するのが何より大切だと感じました。

スポンサーリンク