幼児のトラブルは親の責任!

幼児のトラブルは親の責任!

ショッピングモールに1歳4ヶ月の子どもと二人で行ったときのことです。

子供服売り場のフロアに小さなキッズスペースがあって、2歳以下は利用できるのです。買い物に飽きた我が子がそこを指差して行きたがったので連れていくと何人かの子どもが遊んでいました。

その中に明らかに3歳にはなっている子が走り回っていました。キッズスペースは狭くて、小さな滑り台がひとつあるだけで、子どもが二人並んでやっと滑れるかどうか。

でも、フロアも滑り台に登る階段もクッションのような衝撃が吸収できるものになっているのでまだハイハイの赤ちゃんもいました。

走り回っていた子はそんなことを気にせず走ったり、ゆっくり登っている子を押し退けたり。私たちがそこへ着いてから、2組の親子がそこを離れていきました。

片方は押し退けられた子、もう一組はもう少し大きい滑り台のところへ行こう、と。そう、他のフロアにはもっと対象年齢が上の滑り台つきの遊び場があるのです。

でも、その3歳過ぎに見える子は2歳以下のキッズスペースで遊び続けました。

様子を見ているとその子はキッズスペースの脇に寝ている赤ちゃんを抱いて座っている男の人が父親のようでした。

でも、その人は子どもに注意しないどころかキッズスペースの中さえ見ていませんでした。そして、私の子どもが滑ろうとしたとき隣に割り込んできて一緒に滑る、と手を引っ張りだしました。

私の子どもはまだ滑り台も覚えたて、慎重に時間をかけているのにぐいぐい引っ張り私が止める前にその子に引かれて私の子どもは斜めに引きずられる形で滑り落ちました。

幸い怪我などはなく、子も驚いて私の方へ逃げてきたのですがその子は気にもしていない様子で私も思わずまだ小さいから引っ張らないでね、と強めに言ってしまいました。

それでも、父親は無反応。子ども同士なので押したり引っ張ったりはあると思います。ただ、2歳以下のキッズスペースでということは保護者が見ていることが前提。

大抵の保護者は子ども同士の様子を見て、自分の子に声をかけたり、押したりしたら相手の子に謝ったりしているので、呆れて何も言えず、子をつれてキッズスペースを離れました。

対処法or解決策

相手の子がだいぶ大きかったので直接注意をしました。本人が理解して気を付ける様子はなかったです。

保護者が対応する様子がなければ、こちらが被害にあわないように場所を変えるのが危なくないし、イライラせずに済むと実感しました。

スポンサーリンク