友達と先輩が酔っ払って口論に

友達と先輩が酔っ払って口論に

大学時代に部活で飲み会のあとに、自分の友達と先輩が口論になった話です。

最初飲み会はいつもどおり和気藹々と進みました。そして2次会の先輩の家で飲んでいました。

人数は1年生(自分達)が二人、2年生の先輩が一人、3年生の先輩が一人の四人でした。最初は普通に飲んでいましたが、話の流れから友達と2年の先輩が口論になりました。

練習の内容についてだったと思います。自分と3年の先輩は普通でしたし、口論になった二人も普段はそんな好戦的な性格ではないので、互いに手は出さないだろうと四人卓を向かい合って口論する二人を普通に見ていました。

そのときです。2年の先輩がかなり力を入れて机をグーで叩きました。コブシを握ってそのまま振り下ろすような感じです。

叩いた本人としては机の上の何もないスペースをそんなに力をいれずに叩いたつもりのようでしたが、酔っていて力の加減がわからなかったことと、コブシを振り下ろす先も思ったところとズレたらしく、ガラスのコップのふちを思いっきり叩くような感じになりました。

案の定手のひらが小指の先くらいまでパックリ割れた状態となりました。私からは状態がよく見えたのでかなり痛々しい感じでしたが、本人はこれもお酒の影響で、そんなに痛がる様子もなく、ティッシュで血を吹いて話を続けていました。

対処法or解決策

結局、それを見た3年の先輩が救急車を呼びそのまま入院となりました。今も先輩の手は傷跡があり、一部感覚がないということです。

先輩の自業自得のところが大きいですが、口論をしていた友達もそれを見て泣き崩れていて、かなりの修羅場でした。

酔った席でのこんな光景は大学時代はこの1回だけなので、かなり印象に残っています。

酔っ払ったときはいつもやっていることができなくなり、思ったより力が入ったり、感覚が鈍かったします。

相手を傷つける事もですが、身の危険もあるので、気をつけたほうがいいと思います。

スポンサーリンク