友人からお金を貸して欲しいと頼まれ…そのまま音信不通に

友人からお金を貸して欲しいと頼まれ…そのまま音信不通に

自分は昔からあまり社交的な方でもなく、今年30歳になるが小中高大、学生の頃の友人の連絡先は誰もアドレス帳に載っていないし、向こうも知らないと思う。

そんな自分だが、突然小中と仲の良かった友人から電話番号経由でショートメールが来た。

成人式も行く気がなかったが、この友人が誘ってくれたから一緒に行ったくらいの仲で、大学の時に一緒にバイトもしていた。卒業以来連絡はとっていなかったので7-8年ぶりくらいで嬉しかったし、一度飲むことになった。

後日居酒屋で二人で飲んだが、今はどうしてるかと聞くと少し言葉を濁した。まぁ色々あるよな、と深く追及はせず、昔話に花を咲かせて楽しい時間を過ごした。

数日後また電話連絡があり、「あの場でも言いかけたが、ちょっと高い買い物をしてカードを使いすぎたので、5万ほど貸して欲しい。今月末ボーナスなのでそれが入ったら返すから」と。

特に自分もお金に困っていなかったので二つ返事で了解して、相手の口座を聞いてお金を振り込んだ。

するとさらに2日後、「何回も申し訳ないけど、今月車検が切れるの忘れてて、まとめて返すからまた貸してくれないか」とまた電話があったので、

だらしないなー。もう良い年なんだからしっかり管理しろよ。と軽口を叩きながらもう10万円振り込んだ。

だが、月末になっても連絡はなく、忙しいのかなーと思って翌月中頃に連絡をとろうとしたが、電話が繋がらず、連絡がつかなくなっていた。

 対処法or解決策

本人と連絡がとれないが、なんせ自分も他に共通の友人もいない。一応卒業アルバムから探しだして実家に電話をかけてみたところ、相手のお兄さんが出た。

あまり事を大きくもしたくなかったのでそれとなく、「小学校の時の友人の○○ですが、実家に帰ってきて久しぶりに会いたくなったので、連絡先を知りませんか?」と聞いたところ、

携帯の番号は教えてくれたが、今は東京の方にいて、しばらく帰ってきていないとのことだった。

携帯の番号は自分にかかってきたのと同じだったので、繋がらないということは、どうやら着信拒否をされているのだろう。

結局は金額が少額ではないが、今すぐないと困るという訳でもないし、電話でのやり取りだったので証拠も書面も残していないため、そのまま泣き寝入りすることにした。

自分に取って数少ない友人で、それも小学校の時から知っている人に10万円程度で縁を切られるということの方が何よりもショックだった。

ただ、これを教訓にして、これからお金を貸すことごあれば、どんなに親しくてもきちんと書面を作ったり、証拠を形に残すようにしようと思うようになった。

スポンサーリンク