初めて墓を建てたときのトラブル

初めて墓を建てたときのトラブル

先日我が家の墓を建てることになりました。

まだ両親は健在なのですが、高齢になってきたこともあり生前に立てておいた方がいいのではないかという事になりました。

私の地域では共同墓地があり、町の管理により墓地を割り当てていることから、とりあえず区長に相談し、空いている墓地を提供してもらう事ができました。

いよいよ墓を建てる段階になったのですが、初体験でもあるので、親戚などに相談し、石屋さんを紹介してもらい墓石を選んだあとは、建て方などはすべてお任せすることにしました。

しかし共同墓地ということもあり、建設中にいろいろトラブルが発生してしまいました。

一つ目は重機の通り道の問題です。提供してもらった墓地に行くまでには何軒かの墓の前を通らないといけないのですが、

どう見ても墓ではなさそうなところを選んで石屋さんも重機を入れたようなのですが、実はそこは他家の墓地内で、通路の下にお骨が埋まっている場所があったようです。

工事を見ていたその方から我が家に苦情が入り、石屋さんにも立ち会ってもらって通り道を変更して何とか事なきを得ました。

二つ目のトラブルは、提供してもらった土地に生えていた雑木の処理です。提供地には自生したニセアカシアなどの雑木があり、それを取り除いてから建設にかかったのですが、その残材を墓の後ろにまとめておきました。

しかし、それだと見た目が悪いので処分してほしいとの要望が区長からありました。

石屋さんに相談したところ処分してくれるという事でこちらも何とかなりました。

 対処法or解決策

初めての墓を建てるという事で何から何まで親戚や区長に相談しながらとなり、かなり苦労しながらの作業となりました。

それでもいくつかトラブルは発生しているので、地域のしきたりや共同の物の使用というのは、その事情を知らないと対応できないことも多いと改めて感じました。

今回はまだ両親が健在で、親戚や区長も良く知っている方だったので、トラブル後の対応も何とかできましましたが、今後世代が代わったりしたときにはどのように対応できるか心配でもあります。

我が家だけでなくこれからの世代に人の為にももう少しすっきりした形で管理がされるようになればいいと思います。

スポンサーリンク