他人が頼んだ通販商品を勝手に見る先輩

他人が頼んだ通販商品を勝手に見る先輩

私がまだ独身時代。当時働いていた職場の女性の先輩の話です。

当時、ネットショッピングはまだ走りの時代で、通販カタログが主流だったころ。

事務所の先輩がカタログを事務所の女子休憩所に置いて下さり、まとめてFAXで注文をしてくれていました。

気になる洋服や靴や、雑貨などが掲載されているページに付箋紙を貼ったり、ページを折り曲げておいたりして注文しようかどうしようか迷いながら、

数日楽しい時間を過ごしよく考えて、それぞれが注文したいと決めたものを先輩が用意した白紙にメモしてまとめて注文してもらうといったことをしていました。

先輩が注文した数日後、商品が会社に届くわけですが当然、注文をまとめて下さった先輩の名前宛てでくるので、その先輩が受け取り休憩室に持っていって、

〇〇さんのがこの商品、□□さんのがこの商品と、分けて下さり値段もメモしておいて下さっているわけなのですが・・・。

楽しみに休憩室にあがって自分が注文したものを確認しにいくと、なんか少し違和感が。

あれ?頼んだ靴の箱が一度開けられた形跡が。気のせいかな。

と思いつつ、あまり深く考えることなく先輩に代金を支払い過ごしていました。

ところが、いつ頼んでも、私が頼んだものはいつもピカピカの状態というか、一度チェックされたような気が。そう、先輩が一つ一つ中身もチェックしていたのです。

中身が見える洋服はさすがに開けられることはありませんでしたが、みえない袋に入ったものは明らかに一度あけて商品をチェックされていました。

袋一つ一つに、商品コードが記載されてあり中身を見なくても誰が注文したのかは一目瞭然なのに。うーん。検品されていたのかぁ。

気になりだすと、もう何だか注文するのが嫌になってしまった私は・・・。

 対処法or解決策

結局、気になって仕方がなくなった私は、見られてもいいものだけ注文するようになりました。個人のネット通販が主流となった今では懐かしい話。

仲のいい友人に「検品先輩」と名付けてもらい、笑い話にしてもらって、私の気持ちはスッキリ。

検品先輩とその後もうまくやっていけた私でした。

スポンサーリンク