ライフスタイルの違いから友情にヒビが…

ライフスタイルの違いから友情にヒビが

高校のころからずっと仲良し4人組でいる友人がいるのですが、15年以上続く友情にひびが入りそうになりました。4人のうちで私だけライフスタイルが大きく異なったことが原因でした。

友人達とは大学を卒業し、それぞれが社会人になっても半年に1度は会ってご飯を食べに行ったり旅行に行ったりしていました。

私を除く3人は大学を卒業後に就職し、バリバリ働いていましたが、わたしだけは大学院に進学し学生生活を続けていました。

この頃は社会に出て働く皆の話を聞くことが楽しく何の問題もありませんでした。

しかし私が大学院を卒業し、そのまま結婚し専業主婦になると様子が変わってきました。3人とも祝福してくれ私の様子を色々聞いてくれるのですが、3人とも30歳を目前にして彼氏がいません。

周囲に目ぼしい人もいないようで話がどんどん暗い方へ転がっていってしまいます。

私が子供を出産してからはその傾向はさらに顕著になりました。4人で会っても子供の話にはあまり触れず、もっぱら私を除く3人で仕事の愚痴に興じています。

対処法or解決策

夫や子供の話は聞かれなければ極力しないようにしました。

私も子供が大きくなったら仕事をしたいと思っているので、友人達の職場での様子を質問したりし、仕事の話に焦点を当てるようにしました。そうすることでその場は一定の楽しさを保つことが出来ました。

しかし私が今1番関心があるのは子育と、子育てと仕事の両立についてなので友人達とはどうしても話が噛み合わず、心から会話を楽しめない状況でした。なので会う頻度は数年に1度程に減ってきました。

高校の頃からずっと仲が良かったのにライフスタイルの違いで、こんなにすれ違いを感じるのかとビックリです。

ただ基本的な仲の良さは変わらないので、これは一時的なことだと思っています。

また10年もして私達の生活が変わるころには、4人それぞれの違ったライフスタイルの話で盛り上がれるだろうと期待しています。

スポンサーリンク