プーンと臭う境界線

プーンと臭う境界線

ご近所で起こったトラブルなのですが、ひどい目にあいました。

私は親の代から今の土地に住んでいます。そして隣の家が引っ越しをして先々月新しい住人が引っ越してきました。

きちんと引っ越しのあいさつに来て礼儀正しい人だなと最初は思っていました。しかし少し経ったとき何か異臭がすると気づきました。

お隣の家は大きな犬を飼っているのですが、どうやらその犬の糞をうちの家との境界ギリギリくらいに埋めているようです。異臭の原因はその糞でした。

最初は「いずれは微生物に分解されて異臭もなくなるだろう」と我慢していたのですが、どんどん異臭がきつくなっていきます。

そこでお隣の家に訪ねて行って犬の糞を境界あたりに埋めないようにお願いしました。そうするとちっとも反省した様子はなく、

「境界のこちら側はうちの敷地ですからどう利用しようがうちの自由なんじゃないですか」「うちの庭には色々とお花を埋めているので犬の糞と、刈った草などを混ぜて肥料にしているんです。それの何が問題なんでしょうか」「昔はどこの田舎にも肥溜めがあったんですよ。それに文句をいう人はいませんでした。あなたが匂いに過敏なんじゃないですか」とまくしたててきました。

その時はそんなことを言われると思っておらず面食らってしまい、とりあえず帰宅しました。

対処法or解決策

旦那とも話したのですが、こういうタイプの人は真っ向からこちらの言い分を言っても一向に耳を貸さないと思いました。

そこでお隣の家と仲良くなり、少しずつ距離を近くしていき、犬やお庭の花を褒めたりしつつ肥料だったら他に優れた化学肥料があることなどをそれとなく伝え、

糞を除去してもらえるように話しを進めていく作戦を考えました。

今のところお隣の家に上がらせてもらってちょっとした世間話をできるような距離にはなりました。少しずつ作戦を前に進めていきたいです。

スポンサーリンク