トラブルメーカーの隣人老夫婦

トラブルメーカーの隣人老夫婦

30代後半の専業主婦です。古いマンションに住んでいるのですが、一番上の階に数年前越してきた老夫婦がトラブルメーカーです。

朝、ベランダの掃除に出ると、様々な葉っぱが散らかっています。トラブル老夫婦はガーデニングが趣味で、狭いベランダ一杯に草花を植えているのですが、そこで出たごみをベランダから直接捨てるので、階下の世帯はたまったものではありません。

また、玄関ですれ違った際に「見てあそこ、野良犬かしらねえ。誰かが掃除してくれると助かるんだけど。」

その時私は何のことを言っているのかわからなかったのですが、後で犬の糞の始末をさせようとする発言だったと理解し、頭に来ました。

自宅リフォームを次々行っているようですが、夜間・休日に来ているのでブラック業者のようです。「うちの息子たちが手伝っているのよ!」と、住人に誰かれ構わず言い訳がましい嘘をついているのですが、皆気が付いているはずです。

ある情報網によると、この老夫婦は隣町で同様の集合住宅に住んでいたのですが、あまりのトラブル続出のために、居づらくなって追い出されたらしいです。

今後、トラブルがエスカレートしそうなのが不安です。

対処法or解決策

集合住宅を選ぶ際は、環境や立地の他にも、近隣住人によく注意する必要があります。向こうの方がお年寄りだから、という風に謙遜してしまわず、はっきりした態度で接し続け、あくまでも自分の弱みを見せない・握らせないのが基本対策ではないでしょうか。

悪いことをしている人たちなら、何もしなくてもそのうち罰が当たって自ら出て行くことになる…と信じたいです。

スポンサーリンク