お向かいの住人からの苦情

お向かいの住人からの苦情

実家に住んでいたとき、私の家にはよく友だちが泊まりに来ていたのですが、中学生くらいになると、向かいに住んでいる住民からうるさいと苦情が来るようになっていました。

向かいには親子が二人暮らしをしていて、三十代くらいの息子と母親で二人は同じ職場に働きに出ており、苦情はいつも息子からきていました。

普通に家に来て話しているだけで、大声でパーティーをしているわけでもなく、別の部屋にいる家族も声は聞こえないというくらいで、

隣に住んでいるお宅に母親が苦情があったときは謝りに行くのですが、毎回うるさくなかった、友だちが来ていたなんて知らなかったから大丈夫だと言われていたのです。

向かいに住む息子は友だちも彼女もいないみたいだから単なるやっかみだと言われて、父親がいない我が家はターゲットにしやすいのだろうと相手にしないようにしようと決めていました。

友だちが来るときは向かいの家族に見られていないようにチェックをしてから入るのですが、それでも苦情が入るようになったのです。

そんなことが高校を卒業する頃まで続き、彼氏ができた頃、家に遊びに行きたいということになったのですが、向かいの家に住む奇妙な息子のことを言うと、それはおかしいということになったのです。

なぜ見てもいないのに友だちが来ていることが分かるのか気持ち悪いと言われ、心配だから家に行ってみたいと言い出し、家に招待することになったのです。

向かいの人に見られていないか、しっかりとチェックをして招き、特に会話をしないようにと二人で決めていたので息を潜めていたのですが、やはり苦情の電話が入り、彼氏が対応してくれました。

どこがうるさいのかなどを問い詰めるつもりだったらしいのですが、すぐに電話は切られてそれ以来苦情は入っていません。

 対処法or解決策

その後、私は独り暮らしのために家を出たので向かいの男がどうなったかも分かりませんし、当時実家だったこともあり特に警察などに相談もしなかったのですが、女性の一人暮らしの方などは、事が大きくなる前に警察などに相談するのが一番だと思います。

スポンサーリンク